稲城市の話題や最新情報

論点整理民法 で競売手続き始まりそうだったの阻止回避する

論点整理民法 で競売手続き始まりそうだったの阻止回避する。限定承認においては、相続人は相続財産をもって相続債務を弁済する必要があります。司法書士試験過去問15 21 選択肢4で4 限定承認た共同相続人の一人民法第932条ただ書の規定鑑定価額弁済て競売手続止めた場合おいて、 当該弁済た相続人以外の相続人弁済た相続人対て持分移転登記するき

「所有権移転登記の前提て相続登記するこ要ないのどれか 」いう問い、そそ問題のイメージわかりません
自身考える、被相続人A、A債務2000万円資産(土地2000万円相当)あった 相続人B、Cする、B、C限定承認、持ち分2分の1ずつ相続た(ただ、B、Cへの相続よる所有権移転登記未了) で、競売手続き始まりそうだったの阻止、回避するため、債務2000万円対B弁済、BC相続される持分のうち、1000万円分相当の持分移転登記(土地2000万円相当なので、結局C持分全部)するこなった

(問いで、亡AB、Cへの各2分の1の相続原因する所有権移転登記必要かどうかいう問題 亡AB、Cへの各2分の1の相続原因する所有権移転登記経たのち、CBへの持分全部移転登記行うのか、直接亡ABへの相続原因する所有権移転登記ていいのかいうこでないか思 )

事例ておおむねこういうの考えていいのでょうか
他思っていたこ違う部分あったら、修正お願い致ます 競売申立時の代位登記について。代位による相続登記 不動産登記簿に表示された所有者が死亡したが,その所有権
持分に関して,相続を原因とする所有権持分移転登記がなされていない
不動産に対し,競売強制競売を申し立てるためには,債権者代位権

相続トラブル問題。これは。税制改正により相続税が平成から増税となり。課税対象に
なる方が増えた影響だと考えられます。相続分の任意売却についてのご相談の
中でも。「共有持分を売ることが出来るのか?」というご質問を多く相続税
対策として賃貸マンション建設やワンルームマンション投資をされる方もいます
。 しかし。すぐに相続放棄を決断し手続きを進めました。お二人とも。
既にマイホームをお持ちだったので。相続時に実家を売却することも検討された
そうです。担保法。第章 担保法の基礎理論を再構築するための出発点-保証「債務」も担保「物権
」も存在しない- 先取特権の意義; 「嫌悪される」べき先取特権に対する
廃止論とその根拠に対する批判; 優先弁済権の典型例としての先取特権の重要
性 競売手続以外の方法としての抵当直流れ[民法条の反対解釈]と
された不動産につき,当該遺言で相続分のないものとされた相続人に対して貸金
債権を有する上告人が,当該相続人に代位して法定相続分に従った

論点整理民法。意思外形非対応型」においては「民法94条2項。110条の法意に照らして」
判断すべきものとされている。がのために不実の仮登記をしたところが
自己の名で本登記をしたというのが「非対応型」の典型的なケース。 ~て。
短期間の弁済期を定めて5千円貸与し。期限を経過すれば時価3万円の不動産を
代物弁済とする契約最高裁昭和相当因果関係に立つ損害」とは。
当該の債務不履行によって現実に生じた損害のうち。当該の場合に特有な損害を
除き。か母親の住むマンションまで取られそうに。借金返済のため任意売却をすることとなったが。所有権を持つ父親が認知症の
ため法律行為ができない。押小路さんは万円を借りる際。母親が住む
マンションも物上保証として担保に入れていたのです。競売になる前に売却し
。できる限り債務を減らしてから金融機関と交渉すれば。母親の住まいまで競売
の対象となることは避けられる固定資産税などの税金とは違い。健康保険料の
場合には延滞したからといって即差押えを打たれることはありません。

限定承認においては、相続人は相続財産をもって相続債務を弁済する必要があります。そして、そのために相続財産を売却する場合、基本的には競売をする必要があるわけですが、それに代えて鑑定人の選任を求め、鑑定人の評価額をもって弁済することもできます。「競売を止めることができる」というのは、勝手に行われそうになっている競売を「阻止する」という意味ではなく、競売の方法によらなくてもよい、という意味です。なので、「競売手続きが始まりそうだったのを阻止、回避する」というより、不動産を手元に残しておくという希望があり、そのために競売申し立てをせずに鑑定人選任の申し立てをするという流れになります。事例としては、上の点を除いてはお考えの通りでしょう。そこまで複雑に考える必要はなくて、「持分移転登記」をすると言ってるんだから、移転できる持分が現に登記されてなきゃできないわけなので、当然に相続登記を要するってことでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です