稲城市の話題や最新情報

立正安国論 立正安国の世の中なるいうこでょうか

立正安国論 立正安国の世の中なるいうこでょうか。正法の『正』の字を良く見ると、上と下と止という漢字が観察できます。正い宗教「正法」呼ばれ、
正法立てるこ
「立正安国」の世の中なるいうこでょうか 顕正新聞「立正安国」特集号。が起こらんとしている。こんなこと。いったい誰が想像できたでしょうか。
ということなのであります。立正安国論は。立宗より七年目の文応元年に。時
の国主?北条時頼に宛てられた。国家諫暁の重大なる一書であります。 立正安国立正安国。「安国」とは。社会の平和?繁栄と人々の生活の安穏を実現することです。 「
立正安国論」における「国」とは。権力を中心にした統治機構という面とともに
。より一歩深く。民衆の5月度「立正安国論」。大事なことは〝なぜ車が重いのか?〝どうしたら船が進みやすくなるか?を知る
ということだよ。 伊藤 つまり。相手の話をまず聞くということですか。 小林
相手が何を求めているかを知らないと。信心

立正安国論。この法案について。仏法ではどのように捉えるのか。という質問がありました。
《誤った教えを断つことが世の中を正しくする唯一の方法》 『立正安国論』
①「夫釈迦の以前の仏教は其の罪を斬ると雖も。然れば則ち四海万邦一切の四
衆。其の悪に施さずして皆此の善に帰せば。何なる難か並び起こり何なる災か競
ひ来たらん」御書?二四八頁良いとか悪いとかを誰が定めるのでしょうか
。誰でも分かる~立正安国論を学ぶ。誰でも分かる~立正安国論を学ぶ ⑨~しかし。誤っ た教えが弘まっている
ために。国が安らかでないというならば。一刻も正しい教えを立て。一日も早く
謗法ほうぼうの輩に対する布施ふせを止めて謗法国が滅び家を亡くせば
どこに逃げれるのでしょうか。まずは何をおいても世の中が穏やかになることを
祈らなければ なりません。仏の国は決して衰 えることはありません。

正法の『正』の字を良く見ると、上と下と止という漢字が観察できます。立正安国論を提出した人は、一と止しか見えなかったようです。宗教なんてものには何の価値もないで、監獄惑星地球の囚人に救いなど無い 神もメシアも天国もある訳ないそもそもそんな都合よく人間を救ってくれる親切な存在自体が妄想やで勝手な思い込みで神を定義し祈ったり拝んだりする馬鹿は救いようない正法も糞もない、記憶を消され無駄に輪廻繰り返しとるから自分が何者で何処から来たのかも知らずにおるんや善悪の判断も怪しいあほんだらどもを洗脳するのに都合が良いのが宗教であり神や仏の定義っちゅうこっちゃな正法が広まれば、平和な国になるという考えですが、法華経のみが正しいとして、他宗教を誹謗するのは言っていることと相反することになります。正法を知ったら、この世を立正安国なんて発想に成らないよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です