稲城市の話題や最新情報

最後の夏は 花巻東12ー2大船渡大船渡の国保監督エースの

最後の夏は 花巻東12ー2大船渡大船渡の国保監督エースの。監督の一方的な指示ではなく、佐々木くんの意向は汲んでやったのだろうかという疑問はあります。第101回全国高校野球選手権岩手大会 決勝

花巻東12ー2大船渡、大船渡の国保監督エースの佐々木投手先発登板させず結局佐々木投手の出場有りませんでた

エース温存 完敗で甲子園出場逃た大船渡、国保監督の決断賛否両論渦巻いてます皆さんどう思い

(当方の意見公平期す為、ベストアンサー決定時述べます)大船渡?佐々木。佐々木は先発メンバーから外れた。今…岩手大会 一関工―大船渡 先発した
大船渡の佐々木朗希投手=県営た。今大会初登板となる柴田貴広3年が
先発する。大船渡は1984年以来。35年ぶり2回目の甲子園出場がかかる
。2回戦で遠野緑峰に14―0五回回戦は一戸に10―0六回コールド
で勝った。4回戦は盛岡四を相手に延長十二回。4―2で競り勝った。エース
で4番を「完全休養」に 大船渡の勇気ある判断監督からの最後の言葉

大船渡?佐々木登板なしで敗退。高校野球岩手大会?決勝。花巻東12-2大船渡」25日。岩手県営球場
大船渡が敗れ。35年ぶり2回目の夏の甲子園出場はならなかった。最速163
キロ。プロ注目のエース?佐々木朗希3年は先発せず。ベンチスタート。
登板機会も打者大船渡の国保監督は佐々木の登板?出場を回避させた理由を「
私が判断しました」と説明した。阪神?藤浪。投手陣の最優秀選手大船渡監督「故障防ぐため」佐々木登板させず/岩手。高校野球岩手大会。花巻東-大船渡>◇日◇決勝◇岩手県営野球場 最速
キロ右腕。佐々木朗希投手年の夏が終わった。甲子園まであと勝に
迫った決勝戦は先発メンバーから外れベンチスタート。登板せずに

野球の目的は「故障防止」。決勝の先発投手は初登板の番手投手。失点後やっと交代。理解不能の采配を
し。? と大惨敗した後。選手に向かって。「死ぬなよ」と声をかける。
大船渡エース。佐々木投手の登板回避に横浜元監督。渡辺氏 「挑戦させて
ほしかった」 花巻東との決勝で国保陽平監督がエースを出場させなかった
ことで最後の夏は。エース佐々木の代わりに先発のマウンドに上がったのはサイド右腕?柴田貴広
投手年。年月日。岩手県営球場で行われ。花巻東が大船渡を-で
下し。年連続回目の甲子園出場を決めた。プロ注目の大船渡?佐々木朗希
投手年はこの日。ベンチスタートとなり。途中登板に期待されたが結局。
登板の機会は訪れず。佐々木投手の甲子園の切符がかかった大一番で。佐々木
を登板させなかった理由について国保監督は「故障を防ぐため」と説明。

大船渡高校?国保監督が佐々木を起用しなかったもう1つの理由。今回は。月日に行われた全国高校野球?岩手県大会決勝で登板を回避。
甲子園出場を逃した大船渡高校?佐々木朗希ろうき投手の起用法…高校
野球 岩手大会 決勝 花巻東対大船渡応援団に挨拶するため整列する佐々木朗希
右人目ら大船渡しかし。国保監督は佐々木の連投を避け。控え投手の
柴田貴広を先発させたのです。最近の高校野球は。選手の過度な消耗を避ける
ため。エースが何連投もせず。控え投手と分業で戦うところも増えています。「佐々木登板せず」で敗れた大船渡高が発した無言のメッセージ。佐々木朗希投手を擁する大船渡高校が。日の岩手県大会決勝で敗れ。甲子園
出場は叶わなかった。花巻東に敗れ。涙をこらえる佐々木朗希投手左から
人目 国保陽平監督は試合後。「投げられる状態にはあったかも
しれませんが。私が判断しました。佐々木投手が回戦の盛岡四高戦で延長
回球完投勝ちした翌日の準々決勝?久慈戦には。回戦でも佐々木を

反応まとめ佐々木朗希は決勝で登板を回避し。大船渡高校の佐々木朗希選手は甲子園出場となりませんでした。
の花巻東高校との岩手大会の決勝戦では佐々木選手は出場しなかったのです。
試合は花巻東高校が-で大船渡高校に勝利し。甲子園の切符を掴みました。

監督の一方的な指示ではなく、佐々木くんの意向は汲んでやったのだろうかという疑問はあります。高校球児であれば、甲子園は夢の舞台です。それが目前に迫ったときは、勝っても負けても悔いの残らない試合をしたかったと思います。賛否両論あるとは思いますが、私は佐々木くんの気持ちを考えれば、試合をつくる中盤くらいまでは投げさせても良かったのではないかと思います。出ないだろうなと最初から思っていたので違和感が全くないんですよね何で賛否両論になるのかが分からない私は大谷選手が出てきてからそう考えるようになったので???プロ関係者も甲子園で見てみたかったけど出なくて良かったと言ってましたよね昔みたいに甲子園がプロに入る為の絶対条件ではなくなってきているのでしょうね反対に甲子園に出た投手は長く使えないとか???肩は消耗品という人もいるので将来の夢を監督が考えて育てた出場させないということでしょうね。私は最初から負ける気だったと思います。おかしいでしょ、次の試合は無いのに、野手としても使わないなんて。決勝で投げられない可能性があるのなら、準決勝を温存するか、継投で行くでしょう。もし優勝する気があるのなら、そういう戦略眼もあるのが普通です。4番手投手を引っ張るのもおかしい。私は最初から負ける気だったとしか思えません。その理由は、ある回答者さんが以下のように書き込んでいます。 >表の事情は佐々木君の故障の心配や将来。 >裏の事情はおそらく、選手、およびマネージャーや応援団の親達の経済的理由。 >公立高校、被災地 > 経済的に甲子園は厳しいでしょう。 >家は貧乏だったからなんとなく分かる。 >私の部活は遠征の合宿や大会があると、OBが金出してくれたからほとんどかからなかったけど、これがなかったらやっていけなかった。 負けるしか方法がなかったのかもしれません。たらればになるが、決勝戦という相手も相当強い高校において、チームの柱を使わないと決めた時点で、勝ちをほぼ捨てたのかなとも思います。連投を避けたという理由はこの舞台では疑問です。あまりにも過保護すぎる気がします。佐々木の将来を考えたとしても、今日先発した投手にも将来があります。あとひとつで甲子園が見えた中で公式戦初先発。そのプレッシャーで火だるまになることは、この子の将来も考えてあげなければいけないと思いますが。途中で佐々木を出すべきだと自分は思いました。甲子園で佐々木を見たいとか、観客のためにとか、そんなことはどうでもいいです。チームとして甲子園目指したなら、そこにむかってベストを尽くすべきだと思います。準決勝で継投するなり、監督としてベストを尽くした采配ではないのは明らかです。はっきり言って大船渡の監督は佐々木を故障で壊した時のバッシングに怯えてるだけ。気持ちはわかるけど花巻東相手の決勝で投げないなんて酷すぎる。延長で投げた次の試合を出さなかったのは結果負けても納得だけど中二日での準決と決勝は投げて欲しかった。そこまで大事にいくなら準決で途中降板して決勝に備えるとか、みんな甲子園目指して頑張ってるんだからね。県立高校でここまで来れた事が素晴らしいです。自分も県は違いますが公立出身なのでそれを称えます。記憶にも新しい金足農業も彷彿とさせますね。さて、本題ですが私としては大いに賛成です。良くも悪くも佐々木くんありきのチームなのでしょう。本人の疲労も考えて登板させなかったのでしょう。遅かれ早かれ彼が投げられなくなったらそこで終わる可能性があります。それを試したのでしょう。高校生というこれからの可能性を今潰すわけにはいけないと考えますよ。監督も人の子ですから。恐らくチームメイトには佐々木くん抜きで勝てとでも言ってあったと思いたいですね。チーム層の厚さがあればと去年も思いますね。県立の壁ですね。覚悟と信念を持った上での決断だと思う。賛同はできないが尊重はする。外部者が非難すべきことではない。…と思います。この後、しばらく休養できるのですから、個人的には登板させてほしかったですが、当初から、「どんなに状態が良くても、どんなに大事な試合でも、登板した次の日は試合に出さない。」と決めていたのだと思います。準々決勝でも同様の対応をしていたので、それほど驚きはしませんでした。準々決勝は勝ったけど、決勝は負けた。それだけの違いとも言えます。佐々木を登板させないことで監督が得るものは何もありません。ですから、この決断は試合後のコメント通り、佐々木の将来を考えてのことでしょう。おそらく、普段から選手とコミュニケーションを取り、監督の考えを選手達に伝えていたものと思われます。選手たちを甲子園に連れて行こうと思う気持ちが感じられなかったので、マズい判断であったと思います。佐々木投手の将来性を考慮すると肩と肘の負担を軽減するために連投させない事も大事です。かつての横浜高校の松坂も高校野球で投げすぎたことが響いてプロで故障が多かったです。佐々木のような剛腕派は特に肘を痛めやすいです。今大会もかなり投げてますが、佐々木投手を大事に使うには比較的余裕のある試合はすぐ降板させる事も考えられます。二番手の投手がピンチを迎えたら、またマウンドに立てばいいです。準決勝でも次の決勝戦に備えて途中で交代して力を温存しても良かったです。選手を成長させるには甲子園を経験させてあげようと本気で考えて欲しかったです。甲子園をナメてるようにも見えました。佐々木投手の将来を考えて故障させたくない気持ちは理解しますが、決勝戦の判断は共感できません。失敗したら批判される可能性のある作戦を結構して、結果的に失敗してしまいましたからね。結果論ですから、もし大船渡が勝っていれば、称賛されていたと思います!難しいところですね。競技は異なりますが、昨年のサッカーワールドカップで日本代表だった西野監督当時は、ハンガリーに0‐1で負ける賭けに出て、結果的にノックアウトステージに進出を決めましたけど、もしグループステージ敗退に終わっていたら、日本中から批判されていたと思います。?誰かが言いました。『たかが野球……』ですよね。?そういうことでよろしくお願いします。選手と信頼関係、選手の様子や身体身近にみとる監督の判断。賛成も反対も難しい。ただチームメイトは甲子園行きたかったやろな~全員一致で話あった結果や思うが佐々木投手のことを考えれば素晴らしいことと思いますが野球部の他の人のことを考えればどうでしょうか?準決勝の使い方に疑問が残りますし私は故障してでも甲子園に行きたいと思ってやっていましたので。花巻東に失礼だと思いましたね。すいません。今映像でみましたが佐々木投手に今日の登板はないこと伝えたら笑顔でわかりましたと言ったとのことです。他の選手を信頼しての笑顔だったかもしらないし、他の選手も、故障してしまうなら負けてもいいと言ってました。信頼が厚いいいチームでしたね。投げたい気持ちはあったと本人はいっていたが監督は勇気ある決断だったのではと思います。監督だって投げさせて甲子園行きたいに決まってますので。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です