稲城市の話題や最新情報

日韓の火種ホワイト国 そそ故韓国ホワイト国なっていたので

日韓の火種ホワイト国 そそ故韓国ホワイト国なっていたので。ブラック国への輸出をカモフラージュする目的がとても大きい。そそ、故、韓国ホワイト国なっていたのでょうか 不思議で仕方無いの、詳い方ご教授お願います 白。ナイキ エア 黒 ブラック 白 ホワイト ジュニア キッズ
ガスコンロのできるだけ弱火にかけ。ぢょかの表面を触って温かくなっていれ
ば飲みごろ。以来。近江八景。金沢八景など各地に名所が生まれ。詩画の題材
になった。では。その石は。どこからどのように運んだのでしょうか?韓国を「ホワイト国」から除外。そして。経済産業省?貿易管理部長などを歴任し。韓国をホワイト国に指定する
直前に輸出管理の責任者でもありまそうすると。韓国側もまた反発が強くなっ
てしまうというのがありますから。よくよく見れば。ちゃんと国際的な川村
さん。韓国の対抗措置。日本側は想定していたのでしょうか。 川村

韓国への輸出規制って。どうして韓国に厳しい対応をとることになったのでしょうか。 ニュース画像
ホワイト国」に指定されれば。安全保障上の脅威になるような先端技術などを
輸出するときに優遇措置を受けて手続きが簡単になる。 韓国は日本政府。日本政府は日午前。貿易管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」のリスト
から。韓国を除外する政令改正を閣議決定した。訴訟対象となった三菱重工は
。大法院の決定には応じない方針だと報じられている。日韓の火種「ホワイト国」。が悪化する日韓関係。韓国での反日感情を一層高める要因となったのが。「
ホワイト国」リストからの除外でした。これは日本企業がモノを輸出する際。
煩雑な手続きを簡略化できる国として指定していたグ…ただ。なぜ当時。「
ホワイト」という言葉を使ったのでしょうか。この規制を担当する経済

ブラック国への輸出をカモフラージュする目的がとても大きい。とにかくホワイト国は悪用されることが多い。過去にもホワイト国を利用したこんな事件があった。↓北朝鮮タンクローリー不正輸出事件きたちょうせんタンクローリーふせいゆしゅつじけんとは、に弾道ミサイルの移動式発射台などに転用可能な大型タンクローリーを不正に北朝鮮に輸出したとして、兵庫県警察本部外事課が、京都府舞鶴市の中古車販売会社「盛田忠雄」社長の韓国籍の人物を、外国為替及び外国貿易法違反で逮捕した事件。輸出の認められるホワイト国経由の北朝鮮向けの不正輸出の摘発は全国初の事件とされている。 ■事件の概要[編集]まず社長は北朝鮮平壌の商社である「朝鮮白虎7貿易会社」から電子メールで注文を受け、仲介役の中華人民共和国大連市の貿易会社を通じ、に神戸税関六甲アイランド出張所長に対し、規制対象外の大韓民国に輸出するなどと虚偽の申告を行った。その後、1月28日に神戸港から国産日産ディーゼルと日野自動車中古タンクローリー2台を実体のない韓国の運送会社への輸出とみせかけて「朝鮮白虎7貿易会社」に向けて、不正に輸出した。毎日新聞によると、北朝鮮に運ばれる直前に釜山港の税関で北朝鮮向けの「通過貨物」として申請されたが却下されたとしている。韓国の荷受先関係者は「容疑者から2台を北朝鮮に送るよう指示された」と説明しているという。 大型トラックは、通称TELと呼ばれる弾道ミサイルの移動式ランチャーに改造することも可能で、大量破壊兵器の開発等に用いられる恐れの強い貨物リストとして経済産業省が「キャッチオール規制」の対象として指定する懸念品目リストに記載されている。また朝鮮白虎7貿易会社は大量破壊兵器や弾道ミサイル開発などの懸念が残る海外企業として、経済産業省のリストに掲載されている。朝鮮人民軍直轄下で2,000~3,000人が活動している。 6月5日、神戸税関は社長および経営の株式会社盛田忠雄を、関税法違反容疑で神戸地方検察庁に告発した。 社長は、6月9日に国連安全保障理事会決議で禁止された「ぜいたく品」など、北朝鮮に不正輸出した容疑でも再逮捕された。????「ぜいたく品不正輸出事件」を参照北朝鮮は、2009年4月に人工衛星のロケット打ち上げを名目に発射試験を行い、5月には核実験と弾頭ミサイル発射を行った。産経新聞は社説「主張」において、北朝鮮がミサイル発射や核実験を強行している中で、改めて日本からの関連技術が北朝鮮に流出していないかのチェックが必要だとし、「迂回ルート」による不正輸出にも厳しい目を光らせる必要があると主張した。????「北朝鮮の核実験 2009年」および「北朝鮮によるミサイル発射実験 2009年」を参照なお、容疑者は在日韓国人で、読売新聞などは国籍と実名本名を報じたが、朝日新聞は通名のみを報じた[5][6][11][12][13]。 ~~~~以上、ウィキペデアの記事~~~~キャッチオール規制補完的輸出規制英語: Catch-All Controlsは、日本における安全保障貿易管理の枠組みの中で、大量破壊兵器及び通常兵器の開発等に使われる可能性のある貨物の輸出や技術の提供行為などを行う際、経済産業大臣への届け出およびその許可を受けることを義務付けた制度。[1] 外国為替及び外国貿易法を根拠として2002年4月に導入された。[2][3] ■概要[編集]国際的な平和と安全を維持するためには、国家による大量破壊兵器等の開発?製造や通常兵器の過度な蓄積を阻止することが必要である。したがって、政府がそのような用途に使われる可能性のある製品の輸出を規制することを目的として、この制度が制定されている。同制度は、「規制対象品目」、「客観要件」輸出者が需要者と用途を確認した結果、軍用に用いられるおそれがある場合および「インフォーム要件」経済産業大臣から許可申請すべき旨の通知を受けた場合に基づき、輸出の規制禁止となる品目、用途や需要者を定めることで、リスト規制のみでは対応できなかった製品の輸出規制を可能とするものである。また対象製品は極めて広範で、リスト規制対象品ほど即座に軍事転用可能なものではないが、使い方によっては大量破壊兵器や通常兵器の開発などに寄与する可能性のある製品、すなわち軽、重化学工業製品全般である。 対象国?地域は、輸出貿易管理令の別表第3に示される「ホワイト国」27カ国以外であり、ホワイト国後述と指定される欧米を中心とする国に対しては、キャッチオール規制は対象外となる。これらは輸出管理レジームのもと管理を厳格に実施しているため、上記の兵器の拡散を行わないことが明白であるからであるとされる。 それ以外の国いわゆる非ホワイト国や武器輸出禁輸国へ該当品目前述の客観要件、ないしインフォーム要件に接触する製品を輸出する際には、基本的に契約ごとの個別許可を経済産業大臣から受けなければならない。 また、経済産業省は客観要件に該当する輸出先として特に懸念される企業?組織等を外国ユーザーリストとして公表している。 ■ホワイト国[編集]2019年6月末時点で27か国が対象となっている。 ヨーロッパ 21 ?アイルランド?イギリス?イタリア?オーストリア?オランダ?ギリシャ?スイス?スウェーデン?スペイン?チェコ?デンマーク?ドイツ?ノルウェー?ハンガリー?フィンランド?フランス?ブルガリア?ベルギー?ポーランド?ポルトガル?ルクセンブルク南北アメリカ 3 ?アメリカ合衆国?カナダ?アルゼンチンアジア?オセアニア 3 ?オーストラリア?ニュージーランド?大韓民国■韓国の除外問題[編集]韓国は2004年にリストに追加されたアジア唯一のホワイト国であったが、経済産業省は、韓国を「ホワイト国」から削除するための法令改正手続きを開始した。7月1日から24日までパブリックコメントを募集した後、8月中にリストから除外する可能性がある。これまでリストから除外された国はない。日本が今回の措置を緩める条件として、「通常兵器キャッチオール規制」を韓国側に求めている。この制度は、食品と木材など除く全品目を、兵器転用を防ぐ対象にしていて、日?米?欧各国などが導入している。また貿易管理体制について、日本の経済産業省には担当する部署に約100人以上の職員が配置されているのに対し、韓国側は担当者が少なく体制が不十分だと指摘されていて、同省では韓国が貿易管理の制度?体制を充実するよう対応を求めていく考えを示した。韓国は下記の国連武器禁輸国に陸路で隣接するリスト中の唯一の国でもある。 ■国連武器禁輸国?地域[編集]アジア ?レバノン?アフガニスタン?朝鮮民主主義人民共和国?イラクアフリカ ?リビア?コンゴ民主共和国?ソマリア?スーダン?南スーダン?中央アフリカ共和国■日本の規制[編集]日本ではワッセナー?アレンジメント協定などの国際輸出管理レジームのもと経済産業省がキャッチオール規制を定めている。この中で「大量破壊兵器キャッチオール」と「通常兵器キャッチオール」の2種類が定められている。 規制対象となる品目はHSコード第25類から第40類、第54類から第59類、第63類、第68類から第93類、又は第95類に区分されるもの、及びそれら貨物に係る技術である。北朝鮮への圧力の一環でしょう。当時は小泉政権が北朝鮮相手にやりあってました。アメリカ主導の「日米韓軍事同盟」の兼ね合いですね。中国?北朝鮮?ロシアの共産国圏に対する「前線基地」の意味合いで、「韓国を友好国と位置づけなさい」とアメリカさんから言われたからです。^-^;日本の優しさです。韓国は良い国ですよって、アメリカに頼まれました。軍事同盟です。朝鮮戦争の時は日本から米軍が出撃するからです。韓国経済にはアメリカ資本が大量に参入しています。アメリカの指示です。ホワイト国外しに韓国政府がパニックってるのも、アメリカの指示と知ってるからです。理由は明らかになっていません。日米軍事同盟、韓米軍事同盟があるので、間接的同盟関係にある唯一の国です。友軍関係です。まだホワイト国のままです。40品目近くも残っています。軍事戦略的意味合いがあるので、表面化しないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です