稲城市の話題や最新情報

人権作文の書き方 人権作文ついて

人権作文の書き方 人権作文ついて。一昔前は、目が不自由な方をめくら、耳が不自由な方をツンボ、口がきけない方をオシ、身体の不自由な方をかたわと言ってました。人権作文ついて 中三 例文ください 人権作文の書き方と小?中学生のテーマ別の例文。第36回全国中学生人権作文コンテストを実施します 作文の内容日常の家庭
生活,学校生活,グループ活動あるいは地域社会との関わりなどの中で得た体験
等を通じて, 基本的人権の重要性,必要性について考えたこと人権作文の書き方や書き出し例文「何を書けばいい。そもそも作文の書き方も学校では習わないことが多いそうですが。この記事では
「人権作文の書き方」について紹介していきます。 シロ ところで法務省主催
の全国中学生人権作文コンテストで入賞すると。アニメやドラマ法務省:全国中学生人権作文コンテストについて。法務省と全国人権擁護委員連合会では,次代を担う中学生の皆さんに,日常の
家庭生活や学校生活等の中で得た体験に基づく作文を書くことを通して,人権
尊重の大切さや基本的人権についての理解を深め,豊かな人権感覚を身に付けて
もらう

いじめを例にした人権作文の書き方。まずは人権問題について知っておこう 文章を書くときに大切なことは。情報です
。 テーマの内容が全くわかっていない段階で人権作文の書き方。人権作文の書き方についての情報を掲載しております。全国中学生人権作文
コンテストの例文リンク集や人権作文の技術。人権作文の構成など。人権
作文の書き方のヒントにご利用ください。佳作。佳作 いじめについて 大玉中学校 年 佐藤 恵美 最近。いじめという言葉が
新聞やテレビにたくさん出てくる

一昔前は、目が不自由な方をめくら、耳が不自由な方をツンボ、口がきけない方をオシ、身体の不自由な方をかたわと言ってました。今、このような言葉を使うと、大問題になります。街に出ると、点字ブロックがあります。これは、目が不自由な方が杖を使って歩けるように設置されています。しかしながら、点字ブロックの上でスマホ弄ったり、立ち話をしたり、わざと体当たりして難癖つけたり、自転車停めたり、飲食店等の看板置いたりして転倒したり、駅のホームでは取り付け位置が悪く転落して亡くなられる方がいます。最近でも、歩きスマホでぶつかり、白杖が壊れ、サラリーマンがスマホを落とされたことに腹を立てて、「ひとりで出歩くな」って罵倒して立ち去ったそうです。そんなニュースを見たり、聞いたりすると、心が痛みます。以前、『典子は今』というビデオを見ました。典子さんの母親が、妊娠中にサリドマイドという薬を服用したため典子さんが産まれた時には、父親は母親に子どもの対面を拒否しました。何故なら、両肩に指がありそれを父親が母親に内緒で指の切断手術を医師にお願いしたため両手がありません。父親は離婚しました。副作用の方の写真をネットで見ましたが、愕然としました。普通の小学校、養護学校も受け入れに難色を示し、入学出来ませんでした。でも、熱意に負けて入学出来ました。一番困ったのはトイレだそうです。色々と苦労されたようです。ヘアースタイルを整え、化粧や、食事の準備もなされてます。車の免許も取得され、36倍の倍率を突破されて熊本市役所で働かれてました。当時は、典子さん見たさに人が殺到し、心無い手紙も届いたそうです。今は、講演活動なされています。使用禁止の薬物を懲りもせずに、2008年にサリドマイド使用を認可したそうです。飲食店で耳が不自由な方が手話で会話をしてるのが、キモいとか馬鹿にする従業員がいます。本人は、口の動きで分かりますから。最後は、障害者を馬鹿にするな??障害者を馬鹿にするやつこそ障害者だ。障害者を馬鹿にするやつは許さない。人権団体は犯罪者の擁護活動をしている悪の組織です。学校ではいじめや虐待を「人権侵害」と言ってそれをテーマに人権作文を書かせ、人権があたかも「いじめや虐待されない権利」であるかのように教え、人権がいいものだと何も知らない学生を騙そうとしていますが、人権について勉強をしているうちに人権の意味するほぼ全てが犯罪者容疑者の自由権犯罪者が取り調べでウソをついたり証拠を隠蔽したり、重い刑罰から逃れる権利のことであり、いじめや虐待は法律的な意味での「人権」と何の関係もないものだということを知りました。なので私は人権という言葉から犯罪者擁護のイメージをカモフラージュするための人権団体の洗脳工作活動に加担するのはいやなので、抗議の意味で人権作文なんてものは書きません。そもそもなぜ犯罪者を擁護する「人権」などというろくでもない考え方が現代にはびこっているのでしょうか。よく聞くのがヨーロッパの魔女裁判で罪のない人を逮捕したり死刑にした歴史があるからという理由です。とくにヨーロッパでキリスト教徒じゃなかったユダヤ人はすぐに言いがかりで身柄拘束財産没収されたり殺されていたりしたそうです。白人のキリスト教徒は昔から異教徒には何をしても構わないという考えがあり、インディアンを虐殺したり日本に原爆を落としたのもその一つの表れなのですが、ヨーロッパにいて異教徒だったユダヤ人は特に迫害されていたそうです。ヨーロッパでキリスト教徒とユダヤ人の争いがあり、最終的にユダヤ人が勝利したのが現在のヨーロッパなのですが、そのせいで「政府が強いリーダーシップを発揮したら必ず暴走する。政府に強い権限を与えないで個人個人自由にやるのがいい国だ。」という政府不信のような考え方が主流になってしまいました。学校でもパワハラや体罰をするような先生は論外ですが、だからといって毎回生徒代表に授業を任せていたら授業が崩壊してしまいます。つまり人権思想はユダヤ人が二度と迫害されないために考えたもので、「マイノリティをいじめるな。犯罪者容疑者をいじめるな」というところから拡大解釈して「いじめは人権問題」と言ってるわけですが、法律的な意味での人権は「国家権力から害を与えられない権利」であり、「他人から害を与えられない権利」ではないので、実際に学校でクラスメートにいじめられた子が人権団体に「人権侵害されました!助けて下さい!」と助けを求めたとしても、人権団体が助けるのはいじめの加害者のほうでしょう。実際にいじめを受けた被害者が助けを求めて人権相談の手紙を送っても「親に相談しなさい」とか何の解決にもならない返事しか返ってこないという話をよく聞きます。とにかく日本は単一民族国家で、ヨーロッパとちがってキリスト教徒とユダヤ人の対立などはなく、マイノリティを迫害するような歴史もなく、もちろん魔女裁判なんかもありませんでした。政治家は道徳的でよく責任を果たし、江戸時代には名君名臣名奉行は掃いて捨てるほどいたのです。それをいきなり「国民と政府は敵同士で対立関係にある。権利を獲得したければ闘争して勝ち取れ。それが進んだ政治制度だ。」と言われても「歴史が違うから。ヨーロッパだけで勝手にやって下さい」としか思えません。日本はなんでもかんでも欧米に追従するのをやめて人権思想などというゴミのような考え方を唾棄し、早く道徳的に自立するべきだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です